ツアーレポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草原の国モンゴル、旧迎賓館に 泊まるラグジュアリーな旅
日本橋トラベラーズクラブ 9/4発草原の国モンゴル、旧迎賓館に 泊まるラグジュアリーな旅
湿気のない爽やかなモンゴル。日本とは全く異なった草原の大地が果てしなく続き、そこを駆け抜けていった歴史の勇者たち。。
遥かなるロマンを騒ぎ立てるモンゴルの旅です。
このツアーでは、今のモンゴルにあって可能な限り快適でラクジュアリーな宿泊施設を選りすぐり、これまでにないモンゴルの旅を
ご案内できました。
現代化都市の発展に驚くウランバートル。スフバートル広場
P1030568_R.jpg

高さ25Mの観音像のあるガンダン寺
P1030579_R.jpg

巨大チンギス・ハーン像を見れるエルデネ
P1030585_R.jpg

テレルジ国立公園にて、モンゴルならではの乗馬体験
P1030602_R.jpg

ラクジュアリーホテルにて、モンゴルの伝統料理・ホーショールを頂きました。
P1030633_R.jpg

大草原のゲル!一度は泊まってみたいですね。
P1030634_R.jpg

夕日に染まる大草原
P1030638_R.jpg

熱気球、一緒忘れられない空中散策!
P1030645_R.jpg

秋の大草原
P1030647_R.jpg

伝統ゲルに泊まります。
P1030648_R.jpg

エアコン付のデラックス・ゲルも体験しました。
P1030658_R.jpg

モンゴルのフタコブラクダ
P1030681_R.jpg

巨大ゲル、中は食堂です。
P1030683_R.jpg

ウランバートル市内の高級レストランにて、優雅な夕食をお召し上がりいただきました。
P1030686_R.jpg

どうぞ、来年はぜひモンゴルへ行きましょう!


スポンサーサイト
北部スラウェシ島の百面相に出会う旅
インドネシア中部に位置する島で、かつてはセレベス島と呼ばれていました。
今回は自然が多く残る島の北部を中心に観光していきます。

<<クロザルの群れ@タンココ国立公園>>
P1160520.jpg
【5~60匹の群れを成して行動します。ラウルと名付けられたオス猿が群れを率いて餌を探します。】

<<世界最小のメガネザル・タルシウス>>
P1160309.jpg
【夜行性のため昼間は見ることができせん。大好物のバッタを探して巣から出てきます。】

<<クラバット山>>
P1160520.jpg

<<ブナケン島>>
P1160520.jpg
【50種以上のサンゴ礁、2,500種以上の魚が生息しているブナケン島。シュノーケリングやグラスボートに乗ってブナケン島を満喫します。】

<<庭園が素敵なトモホンのホテル>>
P1160309<img src=
【素敵な庭園が自慢のホテルinトモホン。インドネシアではハネムーンで訪れるカップルも多いです。】

<<タクシーより使われるベンディ>>
P1160431.jpg
【車の間をすり抜けて軽快に走ります。地元では料金の安さからタクシーより人気が高いです。】
1/26発 パゴタと微笑みの国 ミャンマーをゆったり巡る旅 
今アジアで最も注目を浴びている国・ミャンマーを聞くと、パゴダや寺院ばかりのイメージが強いかもしれませんが、実はバラエティ富む国でした。遺跡、自然、人々との出会い、本当に印象に残る旅でした。
P1010995_R_R.jpg
なんでもありのニャンウー市場
P1010999_R_R.jpg
シュエズィゴーンパゴだ
P1020006_R_R.jpg
食事の主役はミャンマー料理ですが、美味しかったです!
P1020008_R_R.jpg
エーヤワディー川を眺めながらゆっくり食事を~
P1020064_R_R.jpg
川クルーズにて夕日を見ました。素晴らしい!
P1020068_R_R.jpg
バガン伝統の操り人形
P1020212_R_R.jpg
世界最大の本と言われるクドードォパゴダ
ミャンマーならではの乗り物・トラックバスにてゴールデンロックを目指します!
皆さん、今年も冬は是非ミャンマーに行ってみてください!






2014年8月2日~8月8日 “天空の宮殿シギリヤ”ゆったり滞在とスリランカ最大のペラヘラ祭りの旅
【光り輝く島~スリランカ~】
5年前に内戦が終結して以来、驚異的な復興を遂げてきたスリランカ。
2012年にはナショナルジオグラフィックにて訪れるべき5つの国に選ばれました。

国土は北海道の0.8倍と小さいながらも8か所の世界遺産があります。
そのうちの6つ+ペラへラ祭りも鑑賞できる見どころ満載のツアーです!!

【ルワンワリサーヤ仏塔】
1_201408181733519cf.jpg
【THE LOVERS】
2_201408181733539c4.jpg
【シギリヤ・ロック】
3_20140818173354659.jpg
【シギリヤレディー】
1500年も前に描かれたとは思えないほど美しい保存状態です。かつては500以上の美女が描かれていましたが18人が残るのみです。
4_20140818173355c89.jpg
【ペラヘラ祭①】
現地語で"行列"を意味するペラヘラ。弊社ではホテルのバルコニーから鑑賞します。文字通り象やダンサーたちが2時間掛けて行進します。
5_20140818173357ff3.jpg
【ペラヘラ祭②】
7_20140818173418805.jpg
【ペラヘラ祭③】
8_20140818173424b43.jpg
【伝統工芸・バティック染】
インドネシアでもおなじみですが、スリランカではすべて手作業で行われます。
工場にて実際の製作工程をご覧いただきます。
9_20140818173426323.jpg
【市場に並ぶバナナ】
マンゴー、ランブータン、マンゴスティン、ジャックフルーツなど甘くておいしいフルーツが目白押しです。
11_20140818173444831.jpg

【ホテル グランド】
イギリス統治時代の面影を色濃く残すコロニアル様式のホテルです。
10_20140818173428aa3.jpg




2014年5月 クジラ漁で生きるラマレラ村ホームステイと神秘の絶景クリムトゥ山
世界で唯一クジラ漁が認められた漁村民家に泊まる世界の不思議と驚異の体験ツアー!
四百年の昔から木造帆船を用いて手投げの銛でマッコウクジラやイトマキエイなどを捕獲してきたラマレラ村の漁民。捕れたクジラ肉を山の民の作った農作物と物々交換することもよって、今でも暮らしています。
今回は残念ながらクジラは捕れなかったのですが、代わりにイルカなどが捕れて、本当に忘れられない旅でした。
ラマレラ村B
ラマレラ村

P1040617.jpg
いよいよクジラ漁へ
クジラ漁
123.jpg
やぁ!!!!
P1000264.jpg
本日もラッキーな一日
P1000273.jpg
P1040627.jpg

P1000178.jpg
クジラの干し肉を作っています。
ラウドニ市
物々交換の市場、不思議ですね!

今年のツアーは終了しましたが、また発表しますので、ぜひご検討ください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。