ツアーレポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月8日~10月19日 世界遺産ツィンギーを訪れるマダガスカルの旅 12日間
日本橋トラベラーズクラブで毎年多くのお客様にご好評いただいております″世界遺産のツィンギーを歩く″マダガスカルの旅に添乗して参りました。

マダガスカルはインド洋西部,アフリカ東海岸からモザンビーク海峡を隔てて400キロ沖合いにある島で、面積587,000平方キロで日本の1.6倍の大きさがあり、世界で4番目の大きさの島です。
日本からはバンコクを経由してマダガスカル航空で約16時間の距離にあります。

《マンテラ》
2013madagascar (1)
【マダガスカルには変わった動物がたくさん生息しています】

《トマトガエル》
2013madagascar (2)
【マダガスカルには大型肉食動物が存在しないので毒はもっていません】

《インドリ科インドリ》
2013madagascar (3)
【インドリの中でも最大の大きさを誇ります。体調60センチ程。朝は鳴き声が響いています】

《モロンダバ》
2013madagascar (4)
【田園地帯が広がる中をツィンギーへと向かっていきます】

《世界遺産ツィンギー・ベマラハ国立公園》
2013madagascar (5)
【1990年にマダガスカルで初めて世界遺産に登録されました。約5時間のハイキングは圧巻の景色が!】

2013madagascar (6)
【ツィンギーは遥か昔、海中にあった石灰岩が長い年月をかけて雨に侵食されてできたものです】

《村の子供たち》
2013madagascar (7)
【子供たちは朝から元気に走り回っています】

《愛し合うバオバブ》
2013madagascar (8)
【2つのバオバブがねじれている様子は恋人たちが愛し合っているようです。英語では"Twisted Baobab"】

《バオバブの並木道・夕日》
2013madagascar (9)

2013madagascar (10)

2013madagascar (11)
【夕日の沈み始めから沈みきるまで約30分。昔読んだ『星の王子様』の世界です】

《モロンダバ・モザンビーク海峡》
2013madagascar (12)
【この海峡の400キロ向こうにアフリカ大陸があります。午前中はたくさんの人が漁をしています】

《アンタナナリボ・アヌシ湖》
2013madagascar (13)
【10月のこの季節はマダガスカルでも紫の可愛らしいジャカランダの花のシーズンです】

《ベレンティ保護区・ベローシファカ》
2013madagascar (14)

2013madagascar (15)
【ベローシファカが横っ跳びでお出迎えをしてくれました。自由に暮らす動物を間近で見られます】

マダガスカルツアー中に現地では新しい大統領の選挙を行っていました。大統領への立候補者がなんと33人!
2009年の暴動以後、初めての選挙を迎えたマダガスカルがまた新しく変わっていこうとしています。

世界遺産のツィンギー、世界中でここしかいないたくさんのキツネザル(原猿類)達。
日本橋トラベラーズクラブでは毎年6月~10月の乾季のシーズン、マダガスカルの旅行しやすい晴天率の高いシーズンのみツアー計画しています。ぜひ来年のご旅行にマダガスカルはいかがですか?


スポンサーサイト
2013年9月25日~10月4日 旧迎賓館に泊まるベートーベン祭と西ドイツの旅 10日間
ツアーではなかなか訪れることのない西ドイツの中心ボン、ケルンやベートーベン音楽祭を楽しむツアーに添乗してまいりました。


1990年まで西ドイツの迎賓館として使われていたホテルに宿泊し、
マイン川の河畔に栄えたお伽の古都ミルテンベルク、東山魁夷画伯も愛した可愛らしい街リンブルク、
白黒の木組みの家並みが印象的な街フロイデンベルクなど紹介される事の少ない珠玉の町々を訪ねました。


❁ツアーマップ❁
20131007133858_00001.jpg

≪ミッヒェルシュタット≫
2013GERMANY (3)
【木組みの可愛らしいお伽の町の広場には1484年に建てられた特色のある市庁舎があります】

2013GERMANY (2)
【当時は1階部分は市場になっていました。2階では現在、結婚式もあげられます】

≪ミルテンベルク≫
2013GERMANY (1)
【ドイツ最古の王侯宿泊所「リーゼン(巨人亭)」は現在もホテルとして営業しています】

≪リンブルク≫
2013GERMANY (4)
【ラーン川の畔の高台に立つ聖ゲオルグ大聖堂は夕日が当たりとても美しい景色です】

2013GERMANY (5)
【旧市街には中世そのままの美しい木組みの街並みが保存されています】

≪フロイデンベルク≫
2013GERMANY (6)
【一風変わった木組みのモノトーンが広がっています】

≪旧迎賓館ホテル「シュタインベルガー・グランドホテル・ペータースブルグ」≫
2013GERMANY (7)
【広い敷地は自然公園となり、ライン川の対岸に望むボンの景観はいつまでも見ていたくなります】

≪コブレンツ≫
2013GERMANY (8)
【ドイチェス・エック(ドイツの角)と呼ばれるライン川とモーゼル川の合流点は交通の要所でした】

≪アウグストゥスブルク城≫
2013GERMANY (9)
【ケルン大司教の別邸はあまりにも美しくナポレオンが「脚をつけてこのまま持と帰りたい」と言った逸話があります】

≪モンシャウ≫
2013GERMANY (11)
【ベルギー国境にある小さな可愛らしい街は歩いているだけで楽しい気持ちになります】

≪アーヘン≫
2013GERMANY (12)
【フランク王国の首都、ローマの温泉地だった歴史の深いアーヘンは現在は学生の町となっています】

≪ケルン≫
2013GERMANY (10)
【ケルン大聖堂は砂岩で作られた荘厳なゴシック建築であり、大戦後のケルン復興のシンボルです】


ベートーベン祭ではベートーベンがその生涯で唯一作曲した『フィデリオ』を演奏会形式で楽しみ、
可愛らしい珠玉の町を訪ねました。ドイツへ既に行かれた方、ドイツファンの方も見逃している地域
かもしれません。ぜひ音楽の調べと美しい自然、ライン川の優雅な流れをお楽しみいただけます。(東山)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。