ツアーレポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチン・チリの北部パタゴニアを旅してきました。
まずはアルゼンチンの世界遺産バルデス半島へ。
プンタ・トンボはマゼランペンギンの有数のコロニー

P1000289_convert_20121220135859.jpg

バルデス半島ではミナミセミクジラのホエールウォッチング
P1000319_convert_20121220140251.jpg

アルゼンチンを横断。
ロス・アルタレスの赤茶けた大地を走り抜け、パンパを突っ切ります。
P1000368_convert_20121220140555.jpg

パンパの湖にはフラミンゴも。
P1000380_convert_20121220141137.jpg

アルゼンチンとチリの境にはアンデス山脈によってできた無数の氷河湖地帯。
透き通る青い湖と緑、遠くに見えるアンデスの雪山。まさに絶景の一言。
この時期にはエニシダやルピナスが咲き乱れ、多くの彩りを添えます。
P1000509_convert_20121220141245.jpg

P1000550_convert_20121220141317.jpg

P1000434_convert_20121220140752.jpg

湖でのクルーズをしながら、アルゼンチン―チリの国境越えをします。
P1000634_convert_20121220141414.jpg

P1000681_convert_20121220141509.jpg

パタゴニアの固有の動植物、南米のスイスと呼ばれる素晴らしい景観が見どころのツアーです。
また一味違った南米の自然の顔をご紹介します。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nihombashitravellers.blog.fc2.com/tb.php/40-2d01f1fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。