FC2ブログ
  ツアーレポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月25日~10月4日 旧迎賓館に泊まるベートーベン祭と西ドイツの旅 10日間
ツアーではなかなか訪れることのない西ドイツの中心ボン、ケルンやベートーベン音楽祭を楽しむツアーに添乗してまいりました。


1990年まで西ドイツの迎賓館として使われていたホテルに宿泊し、
マイン川の河畔に栄えたお伽の古都ミルテンベルク、東山魁夷画伯も愛した可愛らしい街リンブルク、
白黒の木組みの家並みが印象的な街フロイデンベルクなど紹介される事の少ない珠玉の町々を訪ねました。


❁ツアーマップ❁
20131007133858_00001.jpg

≪ミッヒェルシュタット≫
2013GERMANY (3)
【木組みの可愛らしいお伽の町の広場には1484年に建てられた特色のある市庁舎があります】

2013GERMANY (2)
【当時は1階部分は市場になっていました。2階では現在、結婚式もあげられます】

≪ミルテンベルク≫
2013GERMANY (1)
【ドイツ最古の王侯宿泊所「リーゼン(巨人亭)」は現在もホテルとして営業しています】

≪リンブルク≫
2013GERMANY (4)
【ラーン川の畔の高台に立つ聖ゲオルグ大聖堂は夕日が当たりとても美しい景色です】

2013GERMANY (5)
【旧市街には中世そのままの美しい木組みの街並みが保存されています】

≪フロイデンベルク≫
2013GERMANY (6)
【一風変わった木組みのモノトーンが広がっています】

≪旧迎賓館ホテル「シュタインベルガー・グランドホテル・ペータースブルグ」≫
2013GERMANY (7)
【広い敷地は自然公園となり、ライン川の対岸に望むボンの景観はいつまでも見ていたくなります】

≪コブレンツ≫
2013GERMANY (8)
【ドイチェス・エック(ドイツの角)と呼ばれるライン川とモーゼル川の合流点は交通の要所でした】

≪アウグストゥスブルク城≫
2013GERMANY (9)
【ケルン大司教の別邸はあまりにも美しくナポレオンが「脚をつけてこのまま持と帰りたい」と言った逸話があります】

≪モンシャウ≫
2013GERMANY (11)
【ベルギー国境にある小さな可愛らしい街は歩いているだけで楽しい気持ちになります】

≪アーヘン≫
2013GERMANY (12)
【フランク王国の首都、ローマの温泉地だった歴史の深いアーヘンは現在は学生の町となっています】

≪ケルン≫
2013GERMANY (10)
【ケルン大聖堂は砂岩で作られた荘厳なゴシック建築であり、大戦後のケルン復興のシンボルです】


ベートーベン祭ではベートーベンがその生涯で唯一作曲した『フィデリオ』を演奏会形式で楽しみ、
可愛らしい珠玉の町を訪ねました。ドイツへ既に行かれた方、ドイツファンの方も見逃している地域
かもしれません。ぜひ音楽の調べと美しい自然、ライン川の優雅な流れをお楽しみいただけます。(東山)
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nihombashitravellers.blog.fc2.com/tb.php/48-16d22681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。